• IMG_3395_r1_c7
  • IMG_3395_r1_c2
  • IMG_3395_r3_c7
  • pc
IMG_3395_r1_c7 IMG_3395_r1_c2 IMG_3395_r3_c7 pc

全商品自家製無添加の和菓子を作る一級技能士の頑固おやじの店

商標登録 おいらんふろう は 銀座ぐんまちゃん家、有楽町むらからまちからか館、浅草まるごとにっぽん食品館「蔵」で御購入出来ます。

  • 16

    温泉饅頭

    1個 80円
    10個入れ 800円
    15個入れ 1,200円

  • 15

    おいらんふろう 濡甘納豆

    1個 370円
    3個入れ 1,130円
    5個入れ 1,950円
    第24回全国菓子大博覧会 技術優秀賞

  • 1

    おいらんふろう ぜんざい

    1個 350円
    3個入れ 1,070円
    5個入れ 1,850円
    第25回全国菓子大博覧会 技術優秀賞

お店から一言

00000001_r10_c3

店主

商標登録 おいらんふろう
上信越高原国立公園で採れるいんげん豆の一種で紅花いんげん豆といいます。
子実は豆類の中で最大級で、親指大ぐらいになります。
非常に高価な豆で、花は本紅色 豆は紫色で、豆の宝石とも呼ばれています。
海抜千㍍以上の高地を好む豆で、平野(都会)では花は咲くが実は実りません。
全体が白色のもの(白花豆)と淡紫赤地に黒斑のあるもの(紫花豆)の二種類があります。
花豆は、外皮が硬く石豆とも呼ばれ、実は粘性が強く餡には適さない、くせの強い豆です。
昔の人は豆や花があまりにも綺麗なのでおいらん豆 おいらん花と呼び、豆の入っている大きなさやをふろうと呼んでいました。

全国土産銘菓選手権初代TVチャンピオン中尾隆之さんに温泉饅頭をにっぽん全国温泉饅頭記に、おいらんふろう濡甘納豆を日本経済新聞に紹介して頂けました。

高田屋菓子舗のアクセス情報

四万温泉 高田屋菓子舗 〒377-0601 群馬県吾妻郡中之条町四万4232

MAPCODE 554 033 848

マップコードとはカーナビゲーションの「マップコード設定」へマップコードを入力することで簡単にナビゲーションに位置情報を設定することができるものです。

車で来られる方

関越自動車経由
関越自動車道渋川伊香保IC下車>国道17号>353号経由

電車・バスで来られる方

■上越・長野新幹線(東京から50分)>高崎JR吾妻線(50分)JR吾妻線中之条駅>関越交通四万温泉行きバス(30分)>四万温泉バス停下車
■JR上越線渋川駅下車(30分)>JR吾妻線中之条駅>関越交通四万温泉行きバス(30分)>四万温泉バス停下車
※上野から中之条駅まで直通の特急草津号もございます。

直行バスで来られる方

東京からの高速直行バス「四万温泉号」が運行しています。

「四万温泉号」は、
往復5,100円、片道3,100円です。

東京から乗換なしで、四万温泉へ、冬の雪道の心配もございません。
完全予約制ですので、お問い合わせは関越交通へ。


top_tab_03_03

高田屋菓子舗の店舗情報

IMG_2768

高田屋菓子舗

〒377-0601
群馬県吾妻郡中之条町四万4232

0279-64-2702

営業時間 8:00-18:00
定休日 なし
駐車場 なし(公共無料駐車場)
kyoukai_staff
四万温泉協会
宮崎

協会からの一言

温泉まんじゅうは、黒砂糖の甘みがふんわり口の中に広がるやさしい口当たりで、たっぷり入ったこしあんの風味もアクセントになっています。すべての商品が手作りでしかも無添加とのこと。上信越高原産の花豆を使用した
「おいらんふろう濡甘納豆」は、5日間かけてじっくり仕上げるこだわりの逸品です。一度食べたら病みつきになります。

kyoukai_staff

協会からの一言

四万温泉協会
宮崎

温泉まんじゅうは、黒砂糖の甘みがふんわり口の中に広がるやさしい口当たりで、たっぷり入ったこしあんの風味もアクセントになっています。すべての商品が手作りでしかも無添加とのこと。上信越高原産の花豆を使用した
「おいらんふろう濡甘納豆」は、5日間かけてじっくり仕上げるこだわりの逸品です。一度食べたら病みつきになります。