真田街道とは?

真田氏(真田幸村の祖父・幸隆、父・昌幸、兄・信之) が統治した地を結ぶ街道の通称であり、 現在の国道144号、145号、120号にあたります。
江戸期には、上田市から嬬恋村を通って高崎市方面へ 抜ける街道(現在の国道144号、406号) を上州街道(群馬県側の呼称)、信州街道(長野県側の呼称) と呼び、高崎市から沼田市を通って片品村、 会津方面へ抜ける街道(現在の国道17号、120号) を会津街道(福島県側の呼称)、 沼田街道(群馬県側の呼称)と呼んでいたとされます。

真田街道を巡る旅 ~沼田から四万温泉へ~

「もうひとつの真田の舞台」、沼田を巡って四万温泉へ
慶長年間に真田氏が町割りを開始した城下町として栄えた市街地は、今も真田時代のなごりを現世に伝える歴史的名所が数多く存在しています。
また、利根川とその支流の片品川、薄根川が形成した日本一美しい河岸段丘上にある沼田市を通り、豊富な観光資源に囲まれた魅力的なエリアを巡りながら四万温泉へ向かいます。

モデルコースを見る

真田街道を巡る旅 ~長野から四万温泉へ~

「もうひとつの真田の舞台」、沼田を巡って四万温泉へ
慶長年間に真田氏が町割りを開始した城下町として栄えた市街地は、今も真田時代のなごりを現世に伝える歴史的名所が数多く存在しています。
また、利根川とその支流の片品川、薄根川が形成した日本一美しい河岸段丘上にある沼田市を通り、豊富な観光資源に囲まれた魅力的なエリアを巡りながら四万温泉へ向かいます。

モデルコースを見る