共同風呂

関東・群馬県・四万温泉の四万のお湯は、きりきず・神経痛・疲労回復などに、特に良いとされています。泉質は「ナトリウム-カルシウム塩化物硫酸塩泉(低張性中性高温泉)」です。また、四万温泉は飲むと胃腸病に良いとされ、公共の飲泉所や他にもお宿の中に独自の飲泉所を持っている宿もございます。

00000001_r23_c48

御夢想の湯

「御夢想の湯」は四万温泉由来の場所です。
昔、この地で源頼光の家臣、碓氷貞光が、夜もすがら読経していた時、夢枕に童子が現われ「私はこの山の神霊です。あなたの読経の誠心に打たれたので四万の病いを治す霊泉を授けよう」と言った。貞光が目を覚ますと温泉が湧き出していたという言い伝えがある源泉場です。
2006年1月に建て替えられリニューアルオープン。
新しい建物は木造の湯屋造りで温かみのある温泉場です。

c7fb22c0d7b0649e2d235a698fff4f73御夢想の湯_20160517-2o0600040011393680178

【日帰り入浴】営業時間・定休日9:00 ~ 15:00 無休
入浴料:無料
※簡易ロッカーのみ(コインロッカーなし)
※タオル・せっけん類等は要持参

河原の湯

四万温泉へ来る路線バスの終点近く、萩橋(はぎばし)のたもとにある共同湯です。 四万川と新湯川の合流地点にあり、その名のとおり目の前に河原があります。 外観や内壁、湯船も石造りで洞窟風呂の雰囲気が味わえます。お風呂の上は小さな公園になっており、湯上がりに涼むのに最適です。

Exif_JPEG_PICTURE k3 15932524916_e7f75e3291_c
営業時間・定休日9:00 ~ 15:00 無休
入浴料:無料
※簡易ロッカーのみ(コインロッカーなし)
※タオル・せっけん類等は要持参

上之湯

四万温泉・山口地区にある共同湯です。道路のすぐ脇にあるのですが、気を付けていないと見過ごしてしまいます。
男湯と女湯に分かれた内湯で、それぞれ2つの湯船に源泉が掛け流れています。 こぢんまりとしているのが逆に落ち着けます。

上之湯3上の湯上の湯2

【日帰り入浴】

営業時間・定休日
 9:00 ~ 15:00 無休
入浴料:無料

※簡易ロッカーのみ(コインロッカーなし)
※タオル・せっけん類等は要持参

町営四万清流の湯

四万川のほとりにある、町営の日帰り温泉施設です。
純和風の建築の中には、露天風呂「ひょうたんの湯」「おぼろ月の湯」と大浴場「扇の湯」「矢羽の湯」、飲泉所や談話室があり、川岸に広場も設けられています。
個室は有料で利用できますので、四季折々の景観と四万の湯を存分にお楽しみください。

o0800060012672405294 women-300x224 Shima03
【日帰り入浴】

営業時間・定休日
10:00 ~ 21:00 / 第4水曜、年末年始は要確認
2時間 / 大人:500円、小人:300円、障がい者:300円

スロープ有。トイレは洋式ですが、車椅子対応ではないので介助が必要です。
車椅子ご利用の方にも、ご入浴を楽しんでいただいています。

町営こしきの湯

四万こしきの湯は、奥四万湖(ダム湖)にある「四万せせらぎ資料館(群馬県営ダム初のダム資料館)」内に併設されている、町営の日帰り温泉施設です。
上信越の山々と奥四万湖を背景にし、豊富に湧き出る天然温泉は、まさに大自然の恵みです。行楽の行き帰りにぜひ、お立ち寄りください。
休憩コーナー・物品販売コーナーもあり、ゆったりとくつろげる施設です。

onsenkosi1 e099320e o0800052913352148847
【日帰り入浴】

営業時間・定休日
10:00 ~ 17:00(4月~11月) / 第2水曜、12月1日~3月31日まで休館
大人:400円、小人:200円、障がい者:200円

注目旅館

いずみや
四万たむら
四万グランドホテル
つるや
四万やまぐち館
鍾寿館
湯元 四萬舘
柏屋旅館
ひなたみ館
豊島屋
電子書籍