四万温泉の滝

摩耶の滝

四万温泉の最奥部・四万の水源となる日向見川に”摩耶の滝”があります。 落差は20m程有り、流れおちる水は清らかな美しさがあります。 お不動さまのお導きにより、摩耶姫という美しい娘と立派な若者が出会ったという伝説がある滝です。

御夢想の湯や日向見薬師堂のある日向見地区より、摩耶の滝遊歩道を通って徒歩で約2km程になります。

摩耶の滝 (3) 摩耶の滝 (2)

小倉の滝

小倉の滝は名勝と呼ぶにふさわしい、女性的な美しい滝です。 岩肌をすべるように落ちる幾筋もの白い流れと、涼しい水の音が格別です。 夏には緑が、秋には紅葉が美しく映え、花の季節にはツツジが美しさを添えます。

四万温泉協会より四万スポーツ林に向かい、スポーツ林から小倉の滝遊歩道経由で約2.5km程の道のりになります。

しゃくなげの滝

奥四万湖周回道路近くの稲包山登山口より道路沿いにもう少し登った所にこの滝はあります。 その名のとおり、しゃくなげに囲まれながら滝を見ることが出来ます。

碧い色が不思議な奥四万のより稲包山登山道へ向かっていくと、しゃくなげの滝駐車場のよりすぐです。

桃太郎の滝

四万温泉と沢渡温泉の間に位置する唐繰原(からくりばら)を水源とする沢が、四万川に流れ込むところにこの滝はあります。 四万大橋のそばにつくられた四万温泉看板より30m程もどった道路脇から一望できます。 何故”桃太郎の滝”という名が付いたのか知られていない不思議な滝です。

四万温泉の入り口・四万大橋のたもとにつくられた「四万温泉案内看板」より、数十メートルもどったあたりから眼下に見下ろせます。

小泉の滝

小泉の滝は、四万温泉街の奥の方、新湯(あらゆ)から日向見(ひなたみ)に向かう、ゆずりは地区の四万川に注ぐ滝です。
落差は6m程と低いのですが水量は多く滝らしい姿が見られます。道路沿いからも滝を望むことが出来ます。
滝見園地も整備されており自然の中で見る小泉の滝は迫力があり絶景です。このあたりを「楓仙峡」と呼ばれています。

小泉の滝 (3) 小泉の滝 (2)

注目旅館

柏屋旅館
四万たむら
つるや
ひなたみ館
いずみや
四万グランドホテル
豊島屋
湯元 四萬舘
四万やまぐち館
電子書籍